pupuの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 読む・書く・・・楽しみ「いのちの車窓から」

<<   作成日時 : 2017/04/09 15:27   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

「逃げ恥」・・・?

はい、昨年ブレークしたテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のこと。
私は見ていませんでしたが、孫のみほろは録画してまで役立ててましたね(>_<)

その主題歌が「恋」、そして振り付けられた踊りが子供たちの間でチョー人気になりました。3月の“六年生を送る会”でも1年生が踊ったそうです。みんな踊りたくて、ブーーーーイングだったそうですが。
その主演して歌って大活躍の星野源さん。

たまにチラ見したときになんとなく知的な雰囲気の人で珍しいなあと思っていました。ら。著作がありました。
さっそくAmazonで購入しました。
「逃げ恥」作者で歌手の人の本なら、喜んでみほろも手に取るとの読みもあり。

「いのちの車窓から」というエッセー集です。

星野源
1981年、埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家。アルバムを二枚。「恋」(2016年)が大ヒットを記録、第66回・67回『NHK紅白歌合戦』にも連続出場。俳優として初出演映画『箱入り息子の恋』(2013年)などに出演し、第37回二本アカデミー賞新人俳優賞などの映画賞を多数受賞。2016年にはドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』、『真田丸』などに出演。
著書に「そして生活はつづく」、「働く男」、「蘇る変態」、「星野源雑談集1」。現在、雑誌『ダ・ヴィンチ』でエッセイ「いのちの車窓から」を連載中。

と、裏表紙の作者紹介にありました。そして30編のエッセー。
テーマを拾ってみると・・・・
   命の車窓から   怒り   友人   一期一会   文章   人見知り
   柴犬  大泉洋  恋   荒垣結衣という人  ひとりではないということ

その中にあるエッセー、文章のなかからーーー
   エッセーに夢中になったのは16歳のときである。
   松尾スズキさんの『大人失格』、そして宮沢章夫さんの『牛への道』。
   名著と謳われる2つのエッセー集を読んだことがきっかけだった。
   学校の中で小さな演劇活動をする最中、上演できそうな戯曲を探すため
   に立ち寄った本屋の演劇コーナーでふと手に取った。文字を読んで腹を
   抱えるほど笑ったのは初めての経験だった。
   子供の頃から読書が苦手であった。感覚で読んでしまえるマンガは大好
   きで、いつまででも読んでいられたが、随筆や小説などは読んでいる
   最中に必ず違うことを考えてしまい、ぼんやりしながらページだけが
   進み、気がついたときには地方鉄道で寝過ごしてまったく知らない駅に
   着いてしまった時のように、本の中でひとり迷子になった。
   しかしその2つのエッセーは最後のページまで自分の手を握ったまま
   本の中の終着駅まで連れて行ってくれた。
   2人に憧れて、文章を書けるようになりたいと思うようになりました。

そしてまた別の、実はこれこそが本当の理由として・・・
あるのですが、私の今日のテーマではないのでやめておきます。
知りたい方はどうぞ著作で検められていただきたいです。

最後に、またまたエッセー、文章のなかから。
   今は文章を書くことがとても楽しい。
   いつしかマンガもあまり読まなくなり、小説や随筆を読むことが多くな
   った。
   活字だけの世界にもかかわらず、驚くほどリアリティーのある人間味を
   感じたり、紙の中で世界中を旅し、知らない場所に行ったような感覚に
   陥り、様々な人の心の中に入ったような気持ちになれる楽しさを知った。
   想像力のモーターがフル稼働する楽しさ、読書の快感を味わえるように
   なった。

   そして自分でも文筆家としてエッセイを書くこと、目で見た景色と、
   心の中の景色を描写することが、一種のヒーリングのようになっている。

と、ある。
書く楽しみここにありです。

読む楽しみはもちろん仰るとおりで、私はいくつもの人生を疑似体験する快感がたまらない。
現在手元にあるのはほしおさなえ「活版印刷三日月堂」海からの手紙。
どんな世界が待っていてくれるのだろうか。
表紙を開けるときのドキドキときめき感、昔々に運命の人に初めて出会ったときのように新鮮です。
   



   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読む・書く・・・楽しみ「いのちの車窓から」 pupuの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる