pupuの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS USBが!

<<   作成日時 : 2018/03/23 00:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

やっちゃったらしいです〜
今朝まで普通に呼び出して使ってたそうですが、夜遅くにどうやらUSBが突然読み込めなくなっちやったそう。

こういうことあるんですね、私も昨年パソコン本体で痛い目に遭いました〜
本体にも保存してあったそうですが、それでも上書き修正したのはUSBだけで、がっくりしていた夫です。
ほんと、こうなるとどうしようもありませんもの。

夜も更けてきたので、作業はあしたにして・・・と言うつもりが、あまりの熱心さに証拠写真のみ撮らせていただいて、そっと帰ってきました。ついでにブログアップ(^_^)/

人のことはいえません、そろそろ私もバックアップ作業しておかなくちゃ。人生と同じでパソコンも、いつ何が起きるかわからない。
やはり調子が良いときにこそ、しっかり後の始末を考えなくちゃいけません。

明日は孫の小学校修了式。6年生の自覚が、ちらほらと出てきています(^_^)/
しかし・・・まあよく食べること。底なしの食欲を見ていると、空恐ろしい・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
コメント失礼します。

間違って消すやコンピューターウイルスに消されると言った事には対応できませんが、RAID1(ミラーリング)という方法もありますよ。

RAIDケースという物を購入すれば、手軽にRAID1ができます。

RAID1の内容としては、2つ以上のディスクに同時に同じ内容を書き込む事で、ディスクが1つぐらい壊れても他のディスクに同じデータが残っているのでデータを機器の故障から守る事ができるというものです。

ご存じかもしれませんが、ご参考までにどうぞ。
青い空
2018/03/28 22:24
大切なデータは二カ所に保存していたはずですが・・・
どうもパソコン本体の調子が良くなくておろそかにしていた模様です。
外付けハードディスクと本体とUSB>
やはりそろそろパソコン変えなきゃいけませんね、新しいのが買ってるのに。
ご助言ありがとうございました。
RAIDIというのは、複数の場所に保存設定するということでしょうか。

pupu
2018/03/31 14:43
>RAIDIというのは、複数の場所に保存設定するということでしょうか。

http://www.ratocsystems.com/products/subpage/rsec32u3rx.html
↑RAIDケースのメーカーのホームページですが、こちらの 【RAID1(ミラーリング)でHDDまるごとバックアップ。もしもの時も安心!】 という所を見て頂くと、イメージとしてわかりやすいでしょうか?


RAID1(最後の一文字は、数字の1です)は、RAID1構築時に複数のディスク(ハードディスク2台など)を保存先として設定します。

そして、設定されたディスクは、複数台ありますが、パソコン上では1台のディスクとして表示されます。

そのRAID1として設定したディスクはDドライブなどとして表示されますが、通常通りの操作でデータの保存ができ、データを保存すると同時にRAID1として設定したディスク全てに同じデータが同時に自動で書き込まれるという仕組みです。


なので、手動のバックアップのように、他のディスクに保存する時のラグタイムが無くなり、バックアップを取る前にディスクが故障してバックアップが取れなかったという可能性を下げる事ができます。
青い空
2018/04/01 21:36
ただ、データを消すという事も即時反映なので、上でも書きましたように、データを間違って消すやコンピューターウイルスに感染してデータを消されると言った事には対応できません。
(こう言った事にも対応する場合、バックアップソフトや手動などで更に別のRAID1に設定していないディスクにデータを保存しておく必要があります)



また、RAID1は、OSの機能を使ったソフトウェアRAID、マザーボードなどの機能を使ったハードウェアRAIDなどの方法もありますが、個人的にはRAIDケースを使うのが手軽かなと思います。
青い空
2018/04/01 21:37
http://wxw.at.webry.info/201802/article_1.html
↑私がRAIDケースを組み立てた時は、こんな風に組み立てました。


http://wxw.at.webry.info/201801/article_2.html
↑こちらに購入したRAIDケース関連の記事のリンクがまとめてあります。

もしデータが消える事に今後も不安という事がありましたら、組み立てなどを見て頂いて、組み立てや設定などが問題無くできそうなら、RAID1に対応した製品を口コミを見ながら探されてみるのも良いかもしれません。
(記事にも書いていますが、私の買ったRAIDケースは、安いRAIDケースから比べると高めですので、少しでも安く抑えたいなどありましたら、お勧めできるRAIDケースではありません)

ちなみに、、、メーカーによっては、RAID1に対応したものが組み立て済みの状態で売られています。


もしアドレスがうっとうしければ、記事の編集ページに削除ボタンがあると思いますので、お手数ですが、そちらからコメントの削除をして下さい。
青い空
2018/04/01 21:38
ありがとうございました。さっそくコピー、印刷して夫に渡しました。
どうやら今までは手動で((^-^*))保存しまくっていたようで。
パソコンのスピードがかなり遅くなっているようです、要注意ですね。

pupu
2018/04/03 00:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
USBが! pupuの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる