pupuの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 保育園編 6 最後の保育園

<<   作成日時 : 2018/07/11 17:20   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

5 では、ついに衣食住の最後の住が整ったところまででした。僻地から名古屋に舞い戻ってから3年近く経っていました。長い道のりでした。


続き
春休みに入ってすぐ、我が家の足となって大活躍してくれた青い軽自動車が、その寿命をまっとうしました。真冬の朝は白煙モクモクあげつつ震えながら走りました。家族の介護のために走り回り、子供たちの保育園まで片道30分動き、もちろん私の生活を支えてくれました。
よくぞ最後までがんばってくれたものと感謝しつつ廃車にしました。
新学期からは保育園が転園になるのでもう、車は要らなくなったことを知っていたかのようでした。


いよいよ新学期、長女長男はそれぞれ小学校四年と一年になり、次男は保育園年中組へと進級です。
第二保育園は団地の建物の一階部分を使って、団地の真ん中にあります。園庭は広くも狭くもなく、運動会が出来るギリギリの広さでしょうか。
周りの団地住民に気を遣って、園長先生がよくマイクで〜お騒がせしてもうしわけありませーん〜と、放送していました。もっとも園児は八割方団地の子供たちでしたけれど。

優しく厳しい女性の園長先生は40代そこそこで三人のお子さんがいました。若い職員の先生、早朝と延長保育を担当する年輩のヘルパーさんが数人と給食室のお姉さん・おばさんたちという体制でした。
次男はここで卒園するまでの二年間を過ごしました。
私が早朝出勤のときは、誰もいない保育園の門の前に立たせたことが何度かありました。雨の中、傘を差して手を振ってくれたこともありました。


そういえばこの保育園の先生方はストライキが大好き。
といっても、こちらの仕事に支障がないよう、例えば午前中の休園。その前には必ず各家庭にプリントが配られ、趣旨の説明と、どうしても保育が必要な方はおつれくださいとの但し書きつきでした。
そのほかにも土曜日の午後には、よく保育懇談会が開かれ、子供たちの様子や問題を共有して話し合いました。
保育園最後の年、運動会の障害物リレーで年長組全員が、たすきがけした紐を背中で蝶結びにするという芸当をみせてくれ、私たちはもうびっくりしました。こうして次男は二歳前からの企業内保育を皮切りに、五年間に及ぶ保育園生活を経て卒園しました。良い先生やたくさんの友達に恵まれました。

ありがとう 保育園!

かなりはしょりながらここまでたどり着けました。
ここまでの原稿を書いたのは、二十年ほど前になりますか。印字部分が薄くなった原稿を見ながら、再再度の追体験。正直、ここまで書いちゃって良いのかなあと思ったこともしばしば。
ただ、こうして開示しておけば情報としていつでも目にすることができるという、ウエブならではの長所に期待したい。もちろん、連れ合いの許可は得ています。いつか子供たちが目にすることもあるでしょうし。

これからは学童保育編になります。これまで経験した理不尽事件、考えも併せて書き加えます。

今日もなかなかに蒸し暑い日になりました。外壁塗装工事の途中で、南側のベランダ窓がしばらく締め切られてました、この暑さ、たまりませんでしたが本日解放!
そのかわり今日〜夫の部屋の窓が閉鎖されました〜明日はいよいよ北側の私の部屋かなと憂鬱〜

さてさて夕ご飯。献立は決まってます。大好きなオムライス♡難点は美味しすぎて食べ過ぎちゃうこと。最後に孫の手描きでケチャップ絵。付け合わせはブロッコリーと、黄色いズッキーニ。それにミニサラダ。スープは・・・・略!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
保育園編 6 最後の保育園 pupuの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる