これだけは譲れない・・

大型連休も過ぎ、母の日も終わり、5月も月半ば。
楽しみに見続けているテレビドラマは8時からの朝ドラとやすらぎの刻。この二つを午後のニュースのあと続けて見ます。夜のドラマは最近はあまり見なくなりました。そのかわり宇宙モノとか歴史物、百名山とかの自然モノが多くなりました。
ところが問題~
最近の若者向けドラマって、遅い時間から始まるんですよ。中学生になった孫が10時半ころに居間に出てきてテレビの前に座る。邪魔~もーー、こちらもまだ見てる最中ですよ、たまたまぶつかります。
2対1!でも負けます。情けないけれど一日のウチで体力気力が最低になってることも手伝って、結局はブツブツ言いつつも自室に引っこむんですね。ホント情けない。もう10年若かったら!

くったくのない、けたたましい笑い声が聞こえてくるのにも、もはや腹も立たない。諦めの境地~
そーかと思えば、ひたすらシンとしているのでもう終わったかと見に行けば、なにやら深刻そうな恋愛モノを、ボリュームを目一杯下げてテレビにくっつくようにして鑑賞中。ちょっと恥ずかしいのかも(^_^)/

まあいいです、こんなふうなので就寝時間は遅くなる一方ですが、今のところひとりできちんと起きれているので知らんふり。これで寝坊したり遅刻したら〝それみなさいっ〟ってなもんですが。

まあまあ、ほんとに私たちもゆるくといいますか、怒らなくなりました。自主性尊重なんていうものじゃありませんです。やむを得ず、やりたくても出来る体力が無い、怒ったら怒ったで血圧は上がるわ頭痛もでるわ、ふらふら。こういう経験から、私たちは孫とやり合うのを控える(?)ことにした次第。自滅したら元も子もないじゃありませんか。

それでも二つだけ今もしつこく言い続けていることがあります。
その1、携帯電話(スマホスマホとうるさいですが頑としてゆずらない)は、夜9時になったら持ってくること。
その2、ご飯のあとの食器洗いーーこれがまたすぐやらないから、もーー何度も何度も言うことになるんですがね。
その1はなかなか9時ぴったりというわけにはまいりません。まだ,ちょっと、いま切り途中だから、返信来るから、・・・などなどのいいわけ炸裂。結局は9時半、こちらが忘れていればそれこそ思うつぼ、いつまでたってもそのまんまだし。自主的に返しに来るようにならなければスマホなんてとんでもない!
その2についても、ほんとにこちらの口がくたびれ果てますね~催促催促、こちらも暇じゃないから忘れてると当然そのまんまほったらかし。昨日なんて翌朝までほってありましたよ(*_*)
私は洗わない。気になっても洗いません。ほんとはきれいにして休みたいんだけど・・・これからの季節、虫が来るんだけど・・・

しつけ。これ、身につかせるためにはすごい忍耐と努力がいります。しかも成長してみたらまったくど忘れされてるかもしれません。だって孫が成長した姿、見ることはかないませんもの。見なくてすむんですからそこまで責任持たなくてもいいか・・と、これは最近のじじばばの見解。

今日も帰りは6時過ぎ。あれほどブラック部活の代表だからねと話していたのにもかかわらず、反抗期まっしぐら。いいんですよ、ウチには続けるための最低限の支援しかできないから。保護者に動員かかってもどうやって行けるんですか。30分徒歩?若い保護者さんにお任せするほかありません。
楽器のパートも決まって、いよいよ部活に萌えるでしょう。なんか忘れてない?中学校、学校って何するところ?学生の本分、部活一本!じゃないよね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック