pupuの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 保育園・児童館編 4 出来事

<<   作成日時 : 2018/07/06 17:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

3 の続き

それはさておき、いよいよぼろ家で迎える初めての冬、初めてのボーナスが出ました。
嬉しかったですね、もう、本当に自分の手で稼いでる実感そのものでした。
まず石油ストーブを買いました。次に思い切って「お屠蘇」の道具を買いました。樹脂に塗りのあるだけの安い物でしたが、母子家庭になって初めてのお正月を、お正月らしく祝いたかったのです。そして子供たちとささやかな外食。

母子家庭になったので子供たちの医療費は無料になりましたが(注ー当時すでに名古屋市では母子家庭の子供は無料でした)、私の医療費、主に歯医者さん!用に、残りのボーナスのなかから出して、あとは予備費にしました。

そういえばお正月の前だったか後だったか、次男ーまたまた!ーがひきつけを起こして救急車で運ばれ入院するという騒ぎがありました。
風邪気味でコタツに入っていたところ、急激に体温が上がり熱性けいれんを起こしたのです。夕食を作りかけにしたまま上二人を家に残し、次男に付き添って私も救急車から病院へ。
注射を何本も何本も打たれましたが、43度の熱は二日経っても下がりません。三日目、おしりのほとんどが注射のあとのしこりで堅くなっているのに、なおも打とうとするのです。
次男は、もうやめてと叫び続けていました。解熱用の座薬と注射責めの治療しかないのですから、こんなところに任せていたら大変なことになると決断、医師が制止するのも聞かずに次男を強引に退院させ連れ帰ってしまいました。医師には「どうなってもしらないから」と言われましたが、ここは危ないという直感がありましたし。

安静にして水分を切らさず、とにかく冷やしまくりました。発熱後四日目、やっと次男の顔に笑顔が戻ったのでした。
次男が入院してすぐに勤務先には届けましたが、その日の夜、社長が病室に見舞ってくれました。そして仕事は外注に出すから心配は無用なこと、いいからとっておけ、お返し無用と言ってポケットマネーをにぎらせてくれたのです。
お金は生きるように使えという、たたき上げの社長がいつも言う口癖通りです。有り難かった。

そしてもう一人、どこで知ったのかその夜、病院で飲まず食わずで次男に付き添っている私の夕食にと、吉〇やの牛丼を持ってかけつけてくれたのが今の夫でした。留守番をしていた二人の子供たちに食事を作ってくれていたのも彼でした。
医師である父と兄にも知らせましたが、最後まで梨のつぶてでした。たぶん、ひきつけなど病気のウチにははいらなかったのでしょう。
いただいたお金は涙の出るほどありがたく、一杯の牛丼は身も心も暖めてくれました。また親兄弟が何もしてくれなかったおかげで手に入れられた物があります。それは、家族に対する依存心を断ち切る心の強さでした。
こんなふうにして、このぼろ家時代はあっという間に過ぎました。
そしてまたまた引っ越しが待っていたのです。



あの頃あの時代のことを、こうして改めて書き写していると、不思議な気分になります。今こうしていることの不思議さに圧倒されています。夢じゃないのかとほっぺをついつい、つねりたくなったり。
たしかに苦しくて大変な時期でしたが、そのなかで出会ったたくさんの親切や人が忘れられません。つらく苦しかったからこそ、「生きる」実感があったのですね。箱入りで育った私が結婚離婚シングルマザーという道を通して、始めて生きることの素晴らしさ・難しさ・手応えを持てたのです、遅ればせながら・・・


今日は週末金曜日。
孫は相変わらず近くの書店へ立ち読み専科。夫は部屋にこもってなにやら〜。え?今から書店とコンビニのコーヒーコーナーへ行くそうな。最近出来たコンビニ、ちょっとした座るコーナーがあるんですって。知らなかった、なんだか浦島たろこさんみたいな気分〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
保育園・児童館編 4 出来事 pupuの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる